歯周病に苦しむ人に「やまちや」さんの「ころころ歯ブラシ」

ころころ歯ブラシでないと細かい歯垢は取れない

ころころハブラシ


これまで、私が探した中で、一番歯垢の掃除に適しているなあと思ったのが「ころころ歯ブラシ」だったわけですが、とりわけ京都「やまちや」さんというメーカーのものが最高レベルですね。

 

 

ころころ歯ブラシはゴシゴシ歯を磨くタイプの歯ブラシではないです。

 

 

歯茎と歯の上をころころ、適度な圧力でころがして細かく歯垢を取っていくというタイプです。

 

 

ただ歯と歯茎の間をゴシゴシブラッシングしたほうが、歯垢は取れるんじゃないかと思うと思います。

 

 

そうですね、食べかすならそれがいいですよ。歯間ブラシもつかって。

 

 

でもですね、歯垢って、歯と歯茎の間の目に見えない部分まで入り込んでいます。

 

 

それだと歯ブラシの毛先が太くて入りきらないんです。むしろ歯垢を詰め込む形になってしまって、歯周病の新たな原因になるんです。

 

 

歯ブラシは小刻みに使おうというのは、この歯垢っていうのが本当に細かいからなんです。

 

 

やまちやさんの歯ブラシは「毛」がちがう!

 

ころころハブラシ2

やまちやさんのころころ歯ブラシは、ほかのころころ歯ブラシにない、大きな特徴があります。

 

 

なんと、普通の歯ブラシの10倍もの毛を持つのです。

 

 

その数4000本。

 

 

当然のことながら、毛も本当に細いです…

 

 

でも適度な弾力があって、いい具合に歯垢を取っていてくれます。

 

 

この「繊毛」はもうひとつの秘密があります。この繊毛は歯茎のマッサージ効果を上げることも狙ってつくられたものです。

 

 

たくさんの毛が、歯茎の毛細血管を刺激し、老廃物を出し切ります。

 

 

また、唾液を分泌するもとにもなります。

 

 

唾液は殺菌効果ももちますし、消臭効果も持ちます。

 

 

どうです?この戦略性。

 

 

この歯ブラシはすごいです。

 

 

もし普通の歯ブラシでゴシゴシしないと気が済まないという人は、普通にブラッシングした後でも、転がしてみてください。

 

 

仕上がりが全然ちがって、どんどん歯茎が引き締まってくるんで。

 

 

これ、ホント、現時点では「市場最高」ですね。

 

 

「ころころ歯ブラシ」の公式サイトで詳細を確認

 

 

この歯ブラシは、もちろん歯磨き粉と組み合わせてもOKですよ。

 

 

市販の歯磨き粉だと、界面活性剤が強くて泡立ちがすごいので、磨きが甘くなってしまいます。

 

 

でも、「ころころ歯ブラシ」と並行ラインナップの歯磨き粉、「柿渋なたまめはみがき」は余分な泡立ちがなく、磨きが甘くなりにくいです。

 

 

また歯ブラシのころころと「赤穂の塩」が歯茎の血行を良くすることと、歯肉の腫れの原因である膿を絞り出してくれます。

 

 

さすがにこの2つは相性が良いですよ!

 

 

「なたまめ柿渋歯磨き」掲載ページへ

 

 

重度の歯周炎にはこれでも対応は難しい

 

でも1つだけ、まだ足りないところ。

 

 

それは毛の短さ。

 

 

いえ、歯肉炎程度ならまだ大丈夫。

 

 

でも「歯周炎」だと、もう毛の長さが足りないです。

 

 

歯と歯茎の溝「歯周ポケット」があり得ない深さになるので。

 

 

歯周ポケットに苦しむ人もいるのではないでしょうか。それにも「救世主」がいます。

 

 

「デントール」ページに行ってください。

 

 

「デントール」の掲載ページへ

※当サイトお勧め歯垢除去グッズ、口内ケアグッズへはトップページのリンクからアクセスしてください↓↓

ホームへもどる

 

page top